[PR]

 悩み、説得され、22歳が苦渋の決断を下した。7日に初日を迎える大相撲名古屋場所を休場することになった大関貴景勝。「小さい頃からの夢だった」と顔をほころばせた昇進からわずか3カ月。関脇に転落する秋場所で再起をめざす。

 「大関に上がるのに、なかなか大変な思いをした。陥落は残念」。師匠の千賀ノ浦親方(元小結隆三杉)に説得されて休場を決めた直後、貴景勝はそんな胸の内を口にした。「自分のせいでけがをした。何かしら予防できた部分もあったのではないか」と自らを責める言葉も。力士人生でひざの負傷は初めてだけに、「ひざはしつこいというか、うるさい。日によって調子が変わる」と戸惑いも見せた。

 昇進から2場所で転落するのは、現在のカド番制度になった1969年名古屋場所以降で、2000年名古屋場所の武双山に次いで2人目となる。ただ、昇進から2場所続けて負け越しても大関にとどまった例がある。1999年夏場所の千代大海だ。

 新大関の春場所の取組で鼻骨骨…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも