[PR]

 プロ野球ロッテは5日、ゾゾマリンスタジアム(千葉市)球場内での喫煙について、26日から火をつける紙巻きたばこを禁止し、加熱式たばこに限定すると発表した。12球団の1軍本拠地では初めての取り組みになる。

 千葉市では、2018年9月に全国の市町村で初めて「罰則付きの受動喫煙防止条例」が成立。球団は、スタジアムの指定管理者として音楽ライブなどイベントでも紙巻きたばこを禁じることにした。喫煙所を9カ所から8カ所に減らし、加熱式専用にする。球場外で紙巻きがすえる喫煙所は残すという。

 この日は「煙のないスタジアム」をうたって会見した。山室晋也球団社長、井口資仁監督、フィリップモリスジャパン(東京)のシェリー・ゴー社長が出席。加熱式は禁じないことについて、山室晋也社長は「ファーストステップ」とした上で、「喫煙を楽しむ方もおり、(加熱式は)従来のたばこの煙に比べれば格段ににおいや有害物質も軽減されている。全面禁煙は、利用者などの意見を参考にして総合的に判断する」と話した。(室田賢)