[PR]

 2020年東京五輪の観戦チケットについて、大会組織委員会は5日、約322万枚の販売手続きが完了したと発表した。先月の1次抽選で当選した人のうち、約9割が4日深夜の購入手続き期限までに支払いを済ませたという。

 組織委の鈴木秀紀チケッティング部長は「一般的な興行では、当選しても購入しない人は2~3割いると聞く。多くの方が東京大会に関心を寄せていると改めてわかる数字」と話した。

 組織委は、今回の抽選で1枚も当たらなかった人向けに、8月に再び抽選による「セカンドチャンス」販売を実施する。支払期限までに購入されなかった分や、予選や収容人数が大きい会場などで余った分のチケットなど数十万枚になる見込み。1次抽選に申し込まなかった人や、当選したのに購入しなかった人は対象外。

 同じく8月に予定されているパラリンピック観戦チケットの抽選申し込みについては、「セカンドチャンスの申込期間と重ならないように調整する」とした。

 秋には、すべての人が申し込める2次抽選販売が予定されている。開閉会式や決勝などを含めた全競技のチケットを改めて用意する。(荒ちひろ)