[PR]

 社員の禁煙を手助けしたり、勤務中に禁煙を求めたりする会社は珍しくない。でも、名古屋には取引先やお客様にも「来社1時間前からの禁煙」を求める東証1部上場のメーカーがある。会社の定款も変え、禁煙を事業活動に位置づけた。その会社は――。

 「ご協力会社様へのお願い」。コンタクトレンズ大手メニコン(名古屋市中区)の本社受付に、大書されたポスターが貼られている。来社1時間前からの禁煙を求める文面だ。2016年3月に始めた要請を一歩進め、昨年末に「見える化」した。

 7月3日夕、本社に出入りした社外の7人に話を聞いた。苦笑したのは喫煙者2人。システム会社の男性(24)は「最初は戸惑いました」。1日20本弱を吸うが、この日は朝から打ち合わせで「1本も吸っていない」。同僚の男性(26)は「医療機器を扱うメーカーなので趣旨はわかる。会社に帰って吸います」。一方、たばこを吸わない5人は好意的だった。毎日訪れる運送会社の男性(48)は「嫌な臭いを気にしなくてよくなる」。倉庫会社の男性(49)は「全く抵抗がない。取り組みは自社の朝礼でも紹介した」。

■定款に「禁煙運動推進」…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら