[PR]

山口那津男・公明党代表(発言録)

 安倍(晋三)首相は、自民党として、憲法改正に積極的な政党か、消極的な政党かを選ぶ選挙、という課題設定をしている。しかし、憲法改正を全面的に否定する政党は少ない。争点として問えるような熟度があるのかどうかは疑問だ。むしろ大事なことは、憲法改正について落ち着いた環境で与野党が議論を深めていくことだ。多数派の形成のために党派にこだわる必要はない。(衆参各院の総議員の)3分の2という大多数の理解を求めることが必要だ。

 (首相が掲げる憲法9条への自衛隊明記について)自衛隊は国民の大多数が容認している。あえて憲法に書くことに意味があるのか。必ずしもはっきりしない。(集団的自衛権を一部容認する)平和安全法制も整えた。日本の防衛に憲法を変えないと支障があるという状況でもない。(福岡・天神で記者団に)