[PR]

 夏は冷たいビールが飲みたい。そんな欲望と同じく、今回の役に手を伸ばした、と話す仲村トオルさん。11日から始まった「サイン」(朝日系、木曜夜9時)で、法医学者として愚直に死者の声に向き合う主人公(大森南朋)に立ちはだかり、権力に寄り添う伊達明義を演じています。仲村さんにも伊達同様、クールな印象がありましたが、記者を助ける「比喩上手」に、あたたかな人柄を感じました。

 柔らかな役が続いていたタイミングでの、「悪」のオファー。権力に寄り添い、不都合な真実のサインを消していく、危険な男だ。「それが、伊達にとっての正義なんですけどね」。はるか頭上にある怜悧(れいり)な瞳で見下ろされると、伊達のように勝ちを制した人生なのでは?と疑問がわいた。

 「全然そんなことないですよ」…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら