[PR]

 テニスのウィンブルドン選手権第6日は6日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで行われ、男子シングルス3回戦で、世界ランキング7位の錦織圭(日清食品)が同71位のスティーブ・ジョンソン(米)を、6―4、6―3、6―2で下した。今大会3試合連続のストレート勝ちで、16強となる4回戦進出は2年連続4度目。この日の勝利で、自身ツアー通算400勝目も記録した。

 第5日の女子シングルス3回戦では、世界313位で15歳のコリ・ガウフ(米)が、同60位のポロナ・ヘルツォグ(スロベニア)に3―6、7―6、7―5で逆転勝ちをおさめ、16強入りした。

■らし…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。