[PR]

 レスリング世界選手権(9月、カザフスタン)の代表選考プレーオフが6日、埼玉・和光市総合体育館であり、女子57キロ級で五輪5連覇をめざす伊調馨(35)=ALSOK=は敗れて世界選手権出場を逃した。勝って代表になった川井梨紗子(24)=ジャパンビバレッジ=は、世界選手権でメダルを取ると東京五輪代表に内定する。伊調はこの階級の五輪切符を自力で獲得する可能性がなくなり、厳しい状況に追い込まれた。

 川井がメダルを逃した場合にはチャンスが残るため、伊調は「今は待つ立場」と語り、競技を退く考えは口にしなかった。

 川井は2016年リオデジャネイロ五輪63キロ級の金メダリスト。試合は接戦になった。伊調は持ち前の守備力の高さを発揮したが、攻撃で相手を上回ることができなかった。「やるべきことをやって準備してきた。悔いなく挑戦できた。梨紗子が強かった」とふっきれた表情で語った。

 伊調はリオ五輪で女子個人種目…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら