[PR]

 5日午後4時50分ごろ、埼玉県所沢市の住宅前で「中学生が腹と口から出血しており、意識がない」と近隣住民から119番通報があった。県警によると、同市立中学2年の本郷功太郎さん(13)が玄関先で倒れており、搬送先の病院で6日未明に死亡が確認された。県警は同日、この住宅に住む本郷さんの同級生の少年(14)を殺人未遂の疑いで逮捕した。容疑を殺人に切り替えて調べている。

 捜査1課によると、少年の逮捕容疑は5日午後4時50分ごろ、自宅で本郷さんの腹などを刃物のようなもので刺して殺害しようとしたというもの。本郷さんの腹や頭には複数の傷があったという。少年は容疑を認め、「教科書のことでけんかになった」などと述べているという。

 少年宅を訪れた別の同級生が倒れている本郷さんを見つけ、119番通報した男性の家に駆け込み助けを求めた。この同級生は、少年と期末テストの勉強をする約束をしていたと説明しているという。県警は少年の供述などから、少年と本郷さんは事件前、少年宅でいっしょに勉強をしていたとみている。少年は本郷さんについて駆けつけた警察官に当初、「自殺をした」と説明していたが、所沢署に任意同行して事情を聴いたところ、自分が刺したと話したという。

 少年は両親と祖母との4人暮らしで、事件当時、住宅には少年と祖母、本郷さんがいたという。県警は、これまでのところ学校内で2人のトラブルなどは確認していないとしている。

 同じ中学に通う2年生の女子生…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら