[PR]

 釧路市の阿寒湖温泉地区の森で5日夜、光や音響、映像のデジタルアートで演出するナイトウォーク「カムイルミナ」が始まった。劇場「阿寒湖アイヌシアターイコ●(●は小書き片仮名ロ)」では3月から、立体映像と踊りを組み合わせた演目の夜間上演が始まっている。阿寒湖温泉で観光客に滞在日数を増やしてもらおうという取り組みが本格化してきた。

 「カムイルミナ」は村の守り神のフクロウとカムイの世界へ向かうカケスのアイヌの物語を題材にしている。観客も「リズムスティック」と呼ぶ杖を使い、一緒に物語に参加している気分が味わえる。

 日没後、阿寒湖畔のボッケの森遊歩道(約1・2キロ)を約45分かけて歩く。森は光と音で一変し、動物の姿が幻想的に映される。

 阿寒湖温泉旅館出資組合や阿寒…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら