[PR]

 長崎県の最西端にある五島列島。迫害を逃れてキリスト教徒が移り住んだ祈りの島を、海に沈む夕日が赤く染める。

 東シナ海に沈む夕日を背に受けて、いくつものマリア像が手を合わせる。墓碑の上にはキリスト教の象徴のクルス(十字架)。やがて太陽が沈み、残光の中でシルエットになっていく墓碑群を見ていると、信仰心なんてまるで無いのに自然と背筋が伸びてくる。

 長崎県五島列島の福江島の北西端に、渕ノ元カトリック墓碑群はある。墓碑群に続く海沿いの道は「夕映えの路(みち)」。地元では知られたスポットだ。

この後、グルメスポットの紹介や会員限定のプレゼントのお知らせがあります。

 旧三井楽(みいらく)町(現五…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら