[PR]

(6日、高校野球大阪大会 花園15―1阿倍野)

 人生初の本塁打は、ランニング本塁打だった。二回裏無死一、二塁で、花園の2番・前田来勢(らいせい)君(3年)が打席に立った。5球目の変化球をたたくと、右越えの長打に。二塁を回ったところで三塁コーチが腕を回しているのが見えた。夢中で三塁を蹴り、ホームを駆け抜けた。

 前田君は中学から野球を始めた。進学した花園は「打ち勝つチーム」を目標にする。練習では木製バットを使い、体幹を鍛えるため、試合以外ではスパイクでなくアップシューズをはく。前田君を含めチームの打力が向上し、昨秋の近畿大会府予選は4回戦進出、今春の府予選では5回戦まで勝ち上がり、16強入りを果たした。

 前田君はこの日4打点。一回に三塁打、三回には左前安打。あと二塁打がでればサイクル安打の大活躍。「本当は守備の方が得意。こんなにうまくいくとは」とはにかんだ。夏の目標である8強入りに向け、力強くスタートを切った。(森岡みづほ)