[PR]

 今春の選抜大会を制した東邦が6日、愛知大会1回戦に登場。7―0の八回コールドで天白を破った。

 選抜大会で背番号1をつけ、決勝で2本塁打を放つなど甲子園で計3本塁打を記録した石川昂弥(3年)は背番号5で3番・サードで出場。一回1死一塁で迎えた最初の打席で、カウント2―1からの4球目を右中間へ本塁打した。

 東邦は背番号1の植田結喜(3年)が二回に2点本塁打を放つなど、徐々にリードを広げていく。石川は2打席目から5打席目まで4連続で四球だった。

 天白との試合は当初は6月30日の予定だったが、東邦の前の試合が行われていたときに雨が強まり、試合は順延となっていた。春日井市民球場で、「試合を楽しみにしていたので残念。実戦の間隔が空いてしまうのが気がかりだけど、雨の中で試合をするよりいい。いい状態で初戦を迎えられるよう、準備したい」と話していた石川。この日も雨の予報だったが、一転して晴天ものぞく中で試合を行った。

 「きょうはいい天気でやれてよかった」と石川。高校通算54本目という本塁打は、「打った感触はよかった。60本をめざしているので、頑張っていきたい。はやいうちに1本出て、(気持ちが)楽になりました」と話した。