[PR]

 「落語ブーム」と言われるのは東京。大阪では落語はまだまだ漫才や新喜劇の後塵(こうじん)を拝していると、新作の爆笑落語で鳴らすこの男は語る。現実から目をそむけず、展望をどう描くか。定席の天満天神繁昌亭(大阪市北区)がリニューアルオープンしたのを機に、上方落語協会の笑福亭仁智(じんち)会長に聞いた。

 「東京でお笑いといえば、落語、漫才……。大阪は漫才、新喜劇、落語の順。笑いには流行があって落語に回ってくる可能性はある。でも準備をしておかないと流れは来ません」。上方での新たな試みのアイデアを明かす。それは、6月に桂雀太(じゃくた)の優勝で5回目を終えた上方落語若手噺家(はなしか)グランプリとは別のグランプリ企画だ。新作落語に絞ったコンテストを検討しているという。

 「審査委員長は(笑福亭)福笑…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら