[PR]

(6日、高校野球群馬大会 前橋南6―3高崎工)

 前橋南が逆転された五回2死二塁、先発の高橋真翔(3年)を救援した須田雄人(3年)。足をつりながら投げ、打ち、走り、スタンドの大喝采を浴びた。

 五回は打者を内野ゴロに打ち取って締めたが、異変は六回に起きた。投球練習を始めた途端に足がつった。「投げるのはもう自分しかいない」と気力を振り絞った。制球が乱れ、先頭打者に四球を出しながらも、味方の好守で併殺。直後に長打と連続四球で満塁のピンチを招いたが、4番打者を中飛に抑えた。

 その裏の攻撃では顔をゆがめ、打席を外して屈伸するなど必死に痛みをこらえた後、左前に快打。スタンドをわかせた。

 九回は打者1人を打ち取ったところで「手もつり始め、もう限界だ」とマウンドを降りた。背番号1は「みんなに助けられて勝てた」と笑顔。巧みにリードした捕手の須田隼永(3年)は「よく踏ん張った。エースの意地でしょう」と激賞した。(野口拓朗)