[PR]

 プロボクシングの元世界王者で、アマチュアに転向して東京五輪をめざす高山勝成(36=名古屋産大)が6日、名古屋市内であった全日本選手権愛知県選考会でアマデビューを飾った。フライ級(52キロ以下)初戦でロペス・フェリペ(21=立命大)に3―0の判定勝ち。7日の決勝に進んだ。

 プロでは主要4団体の世界王座に就き、国内外で40戦のキャリアを誇るが、アマではこれが東京五輪への第一歩だ。「感謝の気持ちでリングに上がった」という第1ラウンド。高山の動きは明らかに硬かった。

 プロの世界戦は3分12ラウンドで、アマは同3ラウンドと短い。グローブは基本的にプロが8オンスでアマは10オンスと大きくなり、アマは拳の部分が厚い。プロでは相手のガードの間を通ったパンチがグローブに当たるなど、微妙な違いになってくる。1回はサウスポーの相手の左を浴び、後ずさりする場面もあった。

 「落ち着いた」という2回からは足が動き、サイドに動きながら手数を出した。ポイントは3者とも30―27。明白な差をつけた。結果的に2回から動きを修正できたが、試合時間が短いアマは素早い判断力が求められる。「上のレベルの相手になれば1分1秒の勝負になる」と言い、「勝って反省できるのは幸せ」と続けた。プロの最終戦から約3年。真剣勝負の場に戻り、喜びをかみ締めた。

 高山は2年前、東京五輪をめざ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら