[PR]

 岐阜市の旧市街地の8割が焼失し、約900人の死者が出た岐阜空襲から9日で74年。その体験を語り継ぐ会が6日、岐阜市の円徳寺であった。近所の子どもら約50人が聴き入った。

 当時13歳だった宮田大輔さん(87)は「毎日のように空襲警報が鳴り、慣れてしまっていた。当日はいつもどおりの警報かと思ったら、岐阜駅の方に真っ赤な煙が上がっていた」。

 目、鼻、耳を同時にふさぎながら焼夷(しょうい)弾から逃げた体験を赤裸々に語り、「花火大会を見ると、今でも焼夷(しょうい)弾を思い出す」と、戦争の記憶が脳裏に焼き付いていることを伝えた。

 後藤明宣さん(84)は当時1…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら