[PR]

 沖縄県名護市辺野古の新基地建設に反対する市民が2014年7月に米軍キャンプ・シュワブゲート前で抗議の座り込みを始めてから6年目に入った。記念の集会が6日午前、同ゲート前のテントで開かれた。県内外から集まった約350人が代わる代わるスピーチや歌、ダンスなどを披露し、建設阻止に向けた思いを新たにした。

 一方、キャンプ・シュワブ沿岸では沖縄防衛局が「K8」護岸に接岸した台船から埋め立て用の土砂を搬入した。「K8」「K9」両護岸でショベルカーが土砂をダンプカーに積み替え、埋め立て場所へ運んだ。ゲート前からの資材の搬入はなかった。(沖縄タイムス)