[PR]

経世彩民 江渕崇の目

 米独立記念日の7月4日、シカゴの街は華やぎ、いかにも「リア充」な若者たちはシカゴ川に浮かべたクルーザーでパーティーに興じていた。

 そんなお祭りムードに背を向けるかのごときイベントが、シカゴ中心部であった。

 「SOCIALISM(社会主義)2019」

 全米から1千人超が集い、4日間、150以上の会合で左派運動の可能性を語り合った。ある会合で隣り合わせたライアン・プラジンスキーさん(24)になぜ参加したのか尋ねた。

 「今の経済システムは、ふとしたきっかけ貧困に陥る。全く違う何かを探して社会主義に行き当たりました」

 ウィスコンシン州で薬局に勤めているが、持病があってフルタイムでは働けないという。そうなると満足な医療保険に加入できず、持病も治療できない悪循環にはまる。

 でも、せっかくの独立記念日。仲間とバーベキューでもした方が楽しくないですか?

経済という言葉の語源「経世済民」には「世をおさめ、民をすくう」という意味があります。新コラム「経世彩民」では、記者が日々の取材を経て思うこと、伝えたいことを色とりどりの視点でつづっていきます。原則、毎週火曜朝に配信します。

 「この国をよくするために、こ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら