[PR]

 7日午前0時50分ごろ、東京都荒川区東尾久4丁目の和菓子店で、冷蔵庫の中に大学1年の木津いぶきさん(18)=同区東尾久8丁目=の遺体があるのを、通報を受けて訪れた警視庁の捜査員が発見した。同庁は、この店の経営者で木津さんの父親(43)が事情を知っているとみて捜していたが、7日早朝、さいたま市内で首をつって死亡しているのが見つかった。

 警視庁は死体遺棄の疑いで捜査。父親が木津さんの死亡に関与した後に自殺した可能性があるとみて調べている。

 尾久署によると、6日午後6時35分ごろ、木津さんの弟から「父が自殺しようとしている」と110番通報があった。その後に、父親から自宅に「娘を菓子店で切った。死にたい」と電話があったという。

 捜査員が父親を捜していたところ、店内の業務用冷蔵庫(高さ85センチ、横140センチ、奥行き73センチ)の中から木津さんを見つけた。木津さんはひざを抱えるような体勢だった。首に絞められたような痕があり、目立った切り傷や刺し傷は確認されなかったという。

 父親は7日午前4時45分ごろ、さいたま市岩槻区の河川敷で木に首をつった状態で見つかった。近くには普段使っていたオートバイがあったという。

 木津さんは両親と弟との4人暮らしで、6日朝は自宅にいたことが確認されているという。よく菓子店を訪れるという70代の女性は、6日午前にもあんみつなどを買ったという。「店主の男性が『雨だから気をつけて』と言ってくれた。変わった様子はなかった。親子に何があったのか、驚いている」と話した。