[PR]

 七夕の7日、成田空港の国際線出発ロビーで、空港内の保育ルームの園児らによるササの飾り付けがあった。日本航空による恒例のイベント。0~5歳児35人が、浴衣姿の日航スタッフらと一緒に、願い事を書いた短冊などを結びつけた。

 千葉県成田市の斉藤里美ちゃん(3)は「元気にすごせますように」と書いた短冊を飾り、記念にシールなどをもらってうれしそうだった。搭乗客が寄せた短冊も飾られ、幸せと健康を願う英語の書き込みもあった。

 短冊は後日、七夕祈願祭で知られる仙台市の大崎八幡宮に奉納されるという。

 午前のグアム便の搭乗口では、記念撮影のサービスなどもあった。(福田祥史)