[PR]

 オーストラリアと米国が合同軍事訓練をする豪北東部クイーンズランド州近海で、中国軍の情報収集艦が監視活動をする構えを見せていることが7日、明らかになった。豪公共放送ABCが伝えた。中国艦は2年前の合同訓練でも監視活動をしたが、今回は日本の自衛隊との連携に関心がある、との見方が出ている。

 豪州では東部と北部の各地で6月下旬から8月上旬までの日程で、2年に1度の米国との陸海空の合同訓練「タリスマン・セーバー」が始まり、7日から豪北東部ショールウォーター湾で合同演習が行われる。

 ABCによると、豪国防省は中国の情報収集艦が6日夜に、パプアニューギニア沖から演習の海域に向かって移動していることを確認した。前回と同じ中国軍のドンディアオ級情報収集艦という。前回は豪州の排他的経済水域(EEZ)内にとどまり、監視する動きを見せた。豪国防省報道官は7日、朝日新聞の取材に、演習について「他の国々も関心があると気づいている。演習の間は十分に考慮に入れる」と答えた。

 日本はこの訓練に前々回から自衛隊を派遣。今回は海上自衛隊の護衛艦や陸上自衛隊の離島防衛の専門部隊「水陸機動団」などが参加している。ABCは「尖閣諸島の有事の対応が選択肢にある水陸機動団の能力と米豪との連携が(今回の)中国の関心だろう」とする豪国防省筋の見方を紹介した。

 豪州では近年、大型のインフラ支援などを通じて太平洋の島国への影響力を拡大する中国が、軍事的にも太平洋への海洋進出の動きを強めてくる、との警戒感が高まっている。(シドニー=小暮哲夫)

(こんな記事も)金正男暗殺の秘史、どう特報? ドブから蚊…地獄の現場
ツテも土地勘もない外国に飛び込んで、どう特ダネを書くのか。言葉はどうするのか。取材裏話を聞きました。
(こんな記事も)「お前は所有物だ」女性奴隷で人体実験 偉人の抱える闇
「現代産婦人科の父」と呼ばれた医師の名声は、実験台とされた黒人女性たちに支えられていました。偏見は今もなお根強く残っています。