【動画】加計学園問題に揺れた愛媛県今治市。人口減直面で開学を歓迎する声も=増田勇介撮影
[PR]

大阪からの総走行距離 578キロ

旅する記者 今治編 

 青く輝く海岸線には、造船所が並んでいた。レンタカーで参院選の現場をめぐる企画「旅する記者」。岡山県倉敷市真備町地区から「しまなみ海道」を通過し、愛媛県今治市に入った。

 国内最大のタオルの生産地として知られ、平安時代から海運業が発達してきた。7日夕、中心街を貫く今治商店街を歩いた。

人口、40年前の2割減少

 同商店街協同組合によると、1980年代後半は約360店が営業していたが、現在は100店ほど。平日昼間でも買い物客らでにぎわったというが、今は人通りもまばらだ。市の人口は約40年前のピーク時から2割減少し、現在は約16万人。多くの地方都市と同様、若者らの流出に悩まされてきた。

 そんな地元の「悲願」が、大学の誘致だった。

いま、この国で問われているのは何だろう。それを探りに、大阪本社社会部の金子元希記者(39)ら取材班が西へと車で旅に出ました。今治では加計学園が新設した学部の学生に話を聞きました。現地の様子は金子記者のツイッター(@motokikaneko )で発信。

 一夜明けた8日朝、市街地から…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら