[PR]

 核合意の制限を超えるウラン濃縮への着手をイランが発表したことで、核合意を維持したい英独仏と欧州連合(EU)は難しい対応を迫られている。毅然(きぜん)とした対応が必要な一方、イランの反発を招けば核合意は崩壊に近づく。経済的恩恵に不満をもつイランを、対話の継続でつなぎとめられるかが今後の焦点になる。

 フランスのマクロン大統領は6日、イランのロハニ大統領と1時間あまり電話会談し、核合意がさらに弱体化した場合に「必然的に起こる結果」を伝えた。中東情勢のさらなる混乱に加え、これまで慎重だった欧州による経済制裁にも触れた可能性がある。

 欧州はこれまで「イランは核合…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら