【動画】「ひきこもり」傾向のある中高年やその家族をどう支援すれば良いのか。現場で実態を探りました=撮影・根本寿彦、グラフィック・田中和
[PR]

 川崎市で児童ら20人が殺傷された事件や元次官が長男を殺害したとされる事件を機に、社会から孤立する「ひきこもり」の問題が浮かび上がりました。内閣府による初の推計では、40歳から64歳でひきこもり状態にある人は全国で61・3万人とされています。高齢となった親と共に暮らす「8050問題」とは何か。ひきこもりの当事者や親をどう支援すればよいのか。映像とともに考えます。