【動画】ウミガメがあいさつに来る足摺岬(高知県土佐清水市)=笠原雅俊撮影
[PR]

 四国最南端の足摺岬(高知県土佐清水市)は、ウミガメ好きに知られた場所だ。呼吸のために海面に顔を出す。まるであいさつをするような光景が、ひそかな人気になっている。

 灯台を望む展望台から約70メートル下のコバルトブルーの波間に、アオウミガメが姿を現す。七夕の7日午前11時ごろ、展望台でウミガメを待った。

 白い波が岬に何度も打ち寄せる。観光ボランティアの浜田健次さん(74)から「海をよく見ていてください」と声がかかった。すると、茶色の2匹が海中から浮かんできた。ウミガメがひょいと顔を海面に出した。数秒すると海中に消えた。30分ほどで延べ約20匹のウミガメが見られた。浜田さんは「これだけウミガメが見えるのは珍しいです」と話した。

 ウミガメは、足摺岬周辺に生え…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら