[PR]

 日本の男声カルテットと言えば、誰もが思い浮かべるのがダークダックスだろう。バス担当の「ぞうさん」こと遠山一が監修した2枚組みベスト盤「ぞうさんが選ぶ 我ら60年の歩み」は、日本での合唱の歴史を4人の歩みの中に映し出している。

 1951年、慶応義塾大学ワグネル・ソサィエティー男声合唱団の佐々木行(とおる)(マンガさん)、喜早(きそう)哲(ゲタさん)、遠山で結成。後に高見澤宏(ひろむ)(バクさん)が加わった。ロシア民謡「ともしび」や「銀色の道」などがヒットし、紅白歌合戦には計15回出場した。

 「4人の声の美しさだけを求めた。見た目は関係なかった。動きもなく、串に刺さった団子みたいでしたけど」

 ベスト盤は「黒人霊歌」「ロシ…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら