[PR]

 路上にゴミが目立つ埼玉県川口市の西川口。そんな街をきれいにしようと中国料理店の女性経営者が呼びかけ、月1回の清掃活動が続いている。日本人も参加し、中日交流の場となっている。

 6日午後4時、「四川麻辣湯(しせんまーらーたん)」西川口店前に大人から子どもまで男女30人近くが集まった。「西川口ピカピカ隊」に参加する人々だ。呼びかけた同店経営者AYAさん(36)の掛け声で一斉に街に散った。たばこの吸い殻や空き缶、ペットボトル……。特に、自販機やゴミ集積場周辺はゴミが投げ捨てられている。

 AYAさんは昨年3月からゴミ拾いを始めた。西川口のゴミ問題は、中国人が増えたことがすべてとは思わない。だが責任は大きいと感じている。

 「中国人にはゴミをきちんと捨てる習慣がない。『ゴミ捨て禁止』の貼り紙だけでは変わらない」と話す。中国人を変え、ネガティブなイメージを払拭(ふっしょく)したい――。その一歩として始めた。

 人が集まらず、1人でゴミを拾う日もあった。「地味な活動ですが継続すれば輪が広がる確信があった」。黙々と拾う姿に共感する人が増え、今では数十人集まるようになった。

 大手出版社勤務のヤン・ロンさ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら