[PR]

 サッカーのJ1鹿島は12日、日本代表MF安部裕葵(ひろき)(20)がスペイン1部バルセロナに移籍すると発表した。移籍金は推定で200万ユーロ(約2億4千万円)。当面は若手の育成の場になっている3部リーグ相当のBチームに所属し、トップチーム昇格を目指す。

 安部は12日、鹿島のクラブハウスで取材に応じ、「鹿島に入っていなければおそらく今は普通の大学生だった。失うものは何もない。挑戦しない選択肢はなかった」と語った。バルセロナからの獲得要請に驚きはあったものの、不安はなかったという。「誰が見ても魅力的な環境。自分自身の成長のためにも高いレベルでプレーすることが大事」と意気込んだ。

 安部は東京都出身で、広島・瀬戸内高を経てプロ3年目。身長171センチ、体重65キロと小柄ながら攻撃センスが光る攻撃的MFだ。1年目にJ1デビューし、J1通算で49試合に出場して4得点。昨年のアジア・チャンピオンズリーグを制覇したメンバーの1人で、今年6月17日にあった南米選手権のチリ戦で日本代表デビューを果たした。

 安部はBチームに所属するが、アルゼンチン代表FWメッシらがいるトップチームと練習することも多いとみられ、けが人やチーム状況などによってはトップでのベンチ入りや試合出場も可能だ。今夏、J1神戸やイングランド1部チェルシーと対戦するバルセロナの日本ツアーに参加する可能性もある。