[PR]

 ストレスが顔のむくみを引き起こす――。そんな研究結果を、化粧品大手「ポーラ・オルビスホールディングス」傘下のポーラ化成工業が発表した。

 同社の研究によると、ストレスを感じた時に分泌される「コルチゾール」という物質が、血管やリンパ管の壁をつくる細胞同士の接着を弱める。その結果、血管などから水分が漏れて肌の内側にたまり、顔がむくみやすくなるという。

 モモの種子などに含まれる「トウニンエキス」は、この細胞同士の接着を強める効果があるとされる。グループ会社のポーラはこのエキスが含まれ、顔に塗ってマッサージするとむくみを解消できるクリーム「Red B.A コントゥアテンションマスク」(税抜き1万2千円)を10月5日に売り出す。

 担当者は「男女、世代を問わずむくみに悩んでいる人は多い。今回の研究結果で対策を取りやすくなると思う」と話す。(箱谷真司)