[PR]

 新潟向陽の応援スタンドでは、野球部の森山花マネジャー(2年)が太鼓をたたきながら、声をからしてグラウンドの選手へ応援歌を歌った。

 入部当初は野球を全く知らず、ルールを覚えるところから始めた。選手からの「ありがとう」の言葉に支えられ、楽しく続けてこられたという。選手の名前を入れた替え歌で応援するのが同校の伝統で、3年生の細貝碧士(あおし)には希望通り、強豪・大阪桐蔭(大阪)の選手と同じ歌で声援を送った。「つらい場面でも応援が力になった。感謝してる」と細貝は試合後、目に涙を浮かべながら話した。(佐藤瑞季)