[PR]

 参院選で、社民党が公職選挙法上の「政党」資格をかけた戦いを繰り広げている。比例区か選挙区で2%以上の得票をするか、2人以上を当選させて衆参の所属議員が計5人にならなければ、立候補などに制限がかかるためだ。

 吉川元・党幹事長は8日、東京選挙区の公認候補の応援に駆けつけた。又市征治党首が改選期ながら病気で不出馬となり、逆風の中、各地をまわっている。「社民党全体の得票数をとにかく上げないと。政党として残れるかどうかの戦いだ」と報道陣に語った。

 社民は、吉田忠智氏を党首に掲げて臨んだ2016年の参院選で、その吉田氏が落選。所属議員が衆参で4人になり、政党になる基準の一つを下回った。直近の17年の衆院比例区の得票率は1・69%と、96年の党名変更以来はじめて2%を割り込んだ。

 カギを握るのは、村山富市・元首相の地元大分を含む九州や、小選挙区選出の衆院議員を抱える沖縄だ。16年の参院選では岩手・秋田・山形など東北の得票率も他に比べれば高かった。

 秋田県では、石田寛・県連合代…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら