[PR]

(8日、高校野球沖縄大会 具志川商11―0浦添商)

 北谷公園野球場での2回戦では具志川商と浦添(うらそえ)商が対戦し、具志川商が11―0で七回コールド勝ちした。

 具志川商の上原健吾監督(39)は浦添商出身。22年前、キャプテンとして春夏連続で甲子園に出場し、夏はベスト4まで進んだ。母校との対戦を終えた上原監督は「母校をやっつけました」と笑顔を見せた。

 上原監督は4年前から具志川商の監督を務める。選手権沖縄大会での母校との対戦は初めて。「試合中は特に意識しなかったが、試合前に生徒たちには『絶対に負けるな』と言った」。ベンチから大きな声で指示を出し、選手がそれに応え、15安打を放って快勝した。

 次の3回戦は、3連覇をめざす興南との対戦。上原監督は「興南に勝つことを目標にやってきた。打ち勝って甲子園に行きたい」と気合を入れ直していた。(伊東聖)