[PR]

(8日、高校野球群馬大会 伊勢崎商8―7太田)

 追いつ追われつの延長十回。伊勢崎商の4番、鈴木海斗(3年)が山なりのサヨナラ右前安打を放った。「『落ちてくれ』と祈るだけでした。人生初のサヨナラヒットです」と笑顔が絶えなかった。

 十回裏1死満塁の好機で鈴木に打席が回った。それまで4打数無安打。「もう意地で、とにかく遠くへ」。打球は山なりに浮いて、右前に落ちた。「どんな当たりでも、チームが勝てたのがうれしい」

 木村公則監督は「器用な鈴木らしい、つなぐ安打でした。彼は『4番』というより、4番目の打者」と評する。鈴木も意味は理解している。それでも「4番は打たなくちゃ」という自負を持っている。次戦は昨夏コールド負けを喫した市立太田。2年だった鈴木も先発出場し、涙をのんだ。鈴木は「次は本塁打を打ちます」と、高らかに宣言した。(山崎輝史)