[PR]

 フランス西部のリゾート地オレロン島で、隣家の雄鶏の鳴き声が「騒音」だとして、別荘に夏の間だけ暮らす夫婦が雄鶏と飼い主を相手取り、雄鶏を別の場所に移すよう求める訴えを裁判所に起こし、国内外で論争を巻き起こしている。

 AFP通信などによると、今春、訴えを起こした夫婦は普段、中部の都市リモージュに暮らしている。オレロン島の人口は2万2千人だが、夫婦のように夏のバカンスシーズンになると別荘にやってくる人が多く、人口は約20倍に膨れあがるという。

 夫婦は雄鶏が夜明けから鳴くため眠れないと訴えている。今月4日の弁論で飼い主は「田舎で雄鶏には歌う権利がある」と主張。裁判所前には支援者らが、自分たちが飼う雄鶏などとともに駆けつけたという。

 米紙ニューヨーク・タイムズは6月、「フランスで最も有名な鶏」とこの論争を紹介。「田舎がバカンスを過ごす場所でしかない人々と、地元の人々との争い」だとして、フランス社会の象徴的な対立だと伝えている。(パリ=疋田多揚)