[PR]

 アマゾンジャパンは8日、不在時に玄関やガスメーターボックスなどに荷物を置くことで配送が完了する「置き配」の対象エリアを拡大すると発表した。8日までに東京都や神奈川県、大阪府、福岡県などが対象になり、今後も大都市圏を中心に順次拡大する。再配達を減らし、物流の人手不足に対応する狙いとみられる。

 置き配は注文時に指定し、玄関や宅配ボックスのほか、ガスメーターボックスや自転車のかご、車庫、管理人などを選ぶこともできる。雨天などで置き配が難しい場合は、配送業者が客に連絡して対応する。配達完了時に、配達員がどこに置いたかがわかる写真を撮影し、客は専用のアプリで確認することもできる。

 盗難や破損などの場合は、アマゾンが状況を確認して再送や返金などの補償手続きをとるという。

 対象エリアは次の…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら