言葉を尽くした田辺聖子さん ほろ苦さ、笑って楽しんだ

有料会員記事

河合真美江

惜別 作家の田辺聖子さん

 「自分が自分を笑わなければ。それができるひとでないと、ものなんか書かれへん」

 田辺さんは記憶のなかでいつも笑っている。そして、ふっと切っ先鋭い小刀のような話を繰り出す。コロコロと歌うようなかわいらしい早口で。

 10年ほど前に大阪で文芸を担当し、お会いしたくて文化面で「おせいさん気まま語り」を企画した。3カ月に1度、自宅を訪ねての聞き書きだ。取材メモを繰れば、鮮やかな花柄の服で人形に囲まれた姿、思わずうなった一言一言がよみがえる。

 「仕事はね、愛とプライド…

この記事は有料会員記事です。残り745文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら