[PR]

 国際的に活躍するルーマニア出身のソプラノ歌手テオドラ・ゲオルギューさんが、25年ぶりに東京都武蔵野市を訪れてリサイタルを開く。前回の訪問は高校生だった1994年。少女合唱団の一員として訪れ、地元の家庭にホームステイした。当時、彼女を受け入れたホストファミリーを探し出そうと、市が情報提供を呼びかけている。再会はかなうのか。

 ゲオルギューさんは、2010年までウィーン国立歌劇場専属のソプラノ歌手を務めた。15年には歌劇「フィガロの結婚 ~庭師は見た!」(井上道義・指揮、野田秀樹・演出)の伯爵夫人役で来日しているが、その際は武蔵野市を訪れる機会はなかった。

 25年前の9~10月、ゲオルギューさんは武蔵野市などで歌った。武蔵野市が近隣7市合同で、友好都市であるルーマニアのブラショフから少女合唱団「カメラータ・インファンティス」を招いたのだ。10代の少女29人が各市でコンサートを開き、ホームステイして交流を深めた。そのなかに16歳のゲオルギューさんがいて、ホストファミリーに浴衣を着せてもらうなどしたという。

 「日本が大好きです。もう一度日本に来ることができたらどんなにうれしいでしょう。帰国しなければならないときは悲しくて涙が止まりませんでした」

 武蔵野市に残る当時の報告書に…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら