[PR]

 今回の選挙戦で憲法を語る時、安倍晋三首相はいら立ちを隠そうとしない。

 3年前の参院選で3分の2の「改憲勢力」を両院で確保したのに、改憲への議論がほとんど進まなかったからだ。与党が「1強」を占める数の力をもってしても、衆参両院の憲法審査会だけは、首相の意のままには動かせなかった。

 「憲法について議論をする政党を選ぶのか、しない政党を選ぶのか。それを決める選挙だ」。これまでの国政選ではなかった首相の言葉には、参院選で勝てば「国民は議論をする政党を選んだ」として、今度こそ野党を押し切ってでも憲法審での議論を進める強い意志があるのは明らかだ。

 安倍政権はこれまで、安全保障…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら