[PR]

 ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで行われているテニスのウィンブルドン選手権は8日、第7日があり、女子シングルス4回戦でコリ・ガウフ(米)は、元世界1位のシモナ・ハレプ(ルーマニア)に3―6、3―6で敗れた。世界ランキング313位で、15歳の快進撃がついに止まった。

 第2セット、3―5で迎えた第9ゲーム。ミスが続き、15―40となると、もう試合をひっくり返す力は残っていなかった。狙い澄ましたフォアがアウトになり敗退決定。悔しさから一瞬振り上げたラケットを静かに下ろしたガウフは、悔しさを何とか抑えながら、ハレプの待つネット前まで歩いていった。

 力強いサーブやショットで勝ち上がってきたガウフだが、この日はミスが目立った。凡ミスを示すアンフォーストエラーは29。ハレプは14と、力の差が表れた。ただ、原因不明の腹痛にも襲われていたとし、「100%じゃなかったけど、ベストは尽くせた。彼女がすごくよかった」。

 予選から勝ち上がり、つかんだ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら