[PR]

 米国やジャマイカ勢が圧倒的な力を誇る陸上短距離で、日本人が「世界一」を狙える数少ない種目の400メートルリレー。2020年東京五輪でもメダルが期待される、その「リレー」を一般企業向けの研修に使おうと、五輪出場経験のある元スプリンターらが試みている。その狙いとは。実際の「研修現場」を訪ねた。

 「スピードに乗ったウサイン・ボルト選手のストライドは3メートル弱もあると言われています」「スタートでは前脚に重心の9割を乗せ、股関節を稼働させましょう」

 陸上の授業ではない。これはあくまで一般企業の「研修」だ。

室内ランニング場で研修

 7月7日午前、都内の室内ランニング場。再生医療事業「セルソース」(東京都)の23歳から51歳の社員13人がジャージーに身を包み、真剣なまなざしで話を聞いていた。

 講師を務めるのは、2004年…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら