[PR]

 自民党の萩生田光一幹事長代行は9日、安倍晋三首相が元ハンセン病患者の家族への賠償を国に命じた熊本地裁判決への控訴をしない方針を表明したことについて「政府がそう判断したとすれば尊重したい」と述べ、支持する考えを示した。党本部で記者団に答えた。

 萩生田氏は「元患者のご家族に筆舌に耐えがたい苦痛を与えたのも事実だ。どこまでの範囲で補償するかという技術的な問題は残るが、できることは全て政府としてしていただいたらどうか。与党としては全面的に支持する」と語った。

 参院選の期間中であることが、政府方針に影響を与えたのかどうかについては「直接の影響はないと思う」と話した。