[PR]

 国民民主党の玉木雄一郎代表は9日、元ハンセン病患者の家族への賠償を国に命じた熊本地裁判決に対し安倍晋三首相が控訴しない方針を表明したことについて「評価し、心から歓迎したい。家族も差別、偏見の中で人生を送ってきた。少しでも苦悩と無念の思いを和らげる一助になれば」と東京都内で記者団に述べた。

 玉木氏は「まず首相が原告団と直接会って謝罪の言葉を述べた方がいい。具体的にどういった救済策が適切なのか。就職や結婚の差別を受け、経済的、精神的な被害もある。率直に話し合う協議の場を国として早急に設けるべきだ」と指摘した。