[PR]

(9日、高校野球福岡大会 西南学院6―5武蔵台)

 同点で迎えた九回裏、1死三塁の好機。西南学院の塚本直希レイ君(3年)は直球を右前に運び、三塁走者が本塁に生還。サヨナラ勝ちを呼び込んだ。

 昨秋の試合でも、同じような場面があった。3点を追う九回裏2死満塁の好機だった。だが、力んでしまい、最後の打者となった。その悔しさから、バットを振り込んできた。

 塚本君はこの日、五、七回にも犠飛を放ち、3打点を挙げた。「今までの練習が体に染みつき、リラックスして打席に立てた」と塚本君が振り返れば、中原将太監督は「一番コツコツと練習していた。その成果がしっかり出せた」と手放しで称賛した。

 中堅の守備でも八回のピンチにダイビングキャッチを披露した。次戦に向け「雰囲気を作り、自分たちのペースに持っていきたい」。頼もしい主将が力強く締めた。