[PR]

 プロ野球パ・リーグの6月の月間MVPが9日発表され、ロッテの鈴木大地が初受賞した。プロ8年目の29歳は「自分の成績とは思えない、不思議な力が出た1カ月だった」と驚きながら話した。

 6月は全22試合に出場し、打率は3割4分4厘で21打点。リーグトップの61塁打、長打率6割5分6厘、7本塁打(リーグトップタイ)を記録した。16日の中日戦では、5点差の九回に先頭で2打席連続本塁打を放ち、打者一巡で回ってきた2回目の打席では逆転のサヨナラ打を放った。

 年間の自己最多本塁打を更新中だが、「つなぎ役」を自称する2番打者は「(今季から本拠にできた)ホームランラグーンの影響。勘違いしないようにしている」。

 昨季は三塁手として全試合に出場したが、今季はレアードの加入で開幕時はベンチスタート。「出られる可能性が1%でもあれば」と開幕前から外野の練習に励んだ。結果、今季は一塁、二塁、三塁、遊撃、左翼の五つのポジションで出場。指名打者として出場することもある。

 試合前まで守備位置が分からない状況にも、「こんなに堪能できる選手はいないのでは。楽しいですよ」と気にかけない。「一日一日、今日やれることをやるだけです」(室田賢)

こんなニュースも