[PR]

 NTTドコモは来秋、ドコモショップの男女の店員の靴をスニーカーに切り替える方針だ。女性店員のヒールのある靴は全廃する。

 ヒールのある靴を履くよう職場で強いられる苦痛に異を唱える「#KuToo(クートゥー)」運動が拡大。スニーカーを採用する航空会社なども出てきた。足元の見直しが、立ち仕事の多い携帯ショップでも進む。

 全国に約2300店あるドコモショップでは現在、女性の店員は原則的にヒールのある靴をはくことになっている。ヒールの高さは3・5センチと6・5センチの2種類から選ぶ。男性の店員は黒か濃い茶色の革靴と決まっている。

 男女ともに来年10月をめどに、スニーカーに統一する。制服をカジュアルに改めるのにあわせる。店員の働きやすさを重視し、利用者には親しみやすい印象を与える狙いという。

 携帯大手では、KDDI(au)が5月から全国12店の直営店に限り、スニーカーを選べるようにした。以前は夏限定だったが、通年ではけるようにした。ソフトバンクは2011年から、6~10月のクールビズ期間中のみ、スニーカーで働けるようにしている。(井上亮)