[PR]

 安倍晋三首相は9日の参院選の応援演説で、立憲民主党の枝野幸男代表に対し「そんなに怒るんだったら、同じ党名で頑張ってもらいたい」と述べた。首相が「民主党の枝野さん」と「言い間違え」を連発したことに対し、枝野氏が「選挙妨害」などと批判していた。

 香川県坂出市で語った。首相は「枝野党首を間違えて民主党の党首って言ったら枝野さんが怒った。毎回変わっていると間違えてしまう」とも話した。

 首相は6日午後から翌7日まで計8カ所の演説会場で「民主党の枝野さん」と言い、その度に「どんどん変わるから覚えるのが大変」などと釈明を付け加えていた。7日夜の報道後、8日はこれらの発言を封印した。

 こうした首相の発言に対し、枝野氏は8日、「言い間違いなわけがないとは誰が見ても分かる話だ。日本の総理大臣でもあり、情けない」と批判していた。(松山尚幹、野平悠一)