【動画】60年前のコンピューターを動かし続ける技術者・浜田忠男さん=勝田敏彦撮影
[PR]

 計算のたびに電磁石でスイッチが開閉し、ガシャガシャッと音がする。そんな60年前のコンピューターが、静岡・沼津にある富士通の工場で今も動いている。国産旅客機「YS11」の設計にも使われるなど、日本の高度成長期の技術を支えた名機。動かし続ける浜田忠男さん(49)の思いとは。

     ◇

 計算のたびに電磁石でスイッチが開閉し、ガシャガシャッと音がする。重さ3トン。そんな60年前のコンピューターを静岡県沼津市の工場で動かし続けている。「そして、これからも、ずっと」

 富士通が1959年、米IBM…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら