[PR]

 国土交通省は、大阪市やJR西日本、南海電気鉄道などが計画を進める鉄道新線「なにわ筋線」について、10日付で事業許可を出すと発表した。2031年春の開業をめざす。整備する新線は、北梅田駅(仮称)から南下してJR難波駅、南海の新今宮駅をつなぐ約7・2キロで、JR西と南海が運行する。ほとんどが地下を走り、中之島駅、西本町駅、新難波駅(すべて仮称)の3駅を設ける計画だ。今年度中の着工をめざしており、総事業費は約3300億円の見込み。