[PR]

 韓国の成允模・産業通商資源相は9日午後、日本政府による半導体関連素材などの対韓輸出規制をめぐって記者会見を開いた。日本側が規制理由として韓国の輸出管理に「不適切な事案があった」と指摘したことに対し、関連企業を緊急調査したと説明。「北朝鮮を含む国連の制裁対象国に流出したどんな証拠も発見されなかった」と語った。

 日本側は「不適切な事案」について具体的に明らかにしていない。一方で韓国では、日本の政治家がテレビ番組で、韓国から軍事用に転用可能な物品が北朝鮮に流れた心配があると発言したとの報道がなされ、大きな問題となっている。成氏の会見は、これを受けたものだ。

 成氏は、韓国の輸出管理制度は国際的にも高く評価されているとし、「日本が根拠のない主張を即、中断することを望む」と述べた。

 また、成氏は、9日にジュネーブで開かれる世界貿易機関(WTO)の理事会で、韓国の立場を説明する予定だと説明。日本の経済産業省とは、12日午後に東京で二国間協議を開く方向で調整を進めていると語った。(ソウル=神谷毅)